Sphero BB-8
IMG_20170827_190244521.jpg


コイツ… ! ! 動くぞっ ! ! ?


ひょんな事で見つけてしまい、
そのデザインとフォルムに感動。

しかも動くと来た ! (;´Д`)

完全ノックアウトです。メロメロです。
気付いたらもうポチッてるぐらい・・・

IMG_20170827_185805442.jpg


Sphero - STAR WARS EP7 BB-8


残念ながら、ボクはSTAR WARSを観ていないので、
その出来の比較は割愛させて貰うが、
何より面白いのは球体様々な方向に動かす原理。

実際に劇中でもCGでは無く、
同じ原理で動く実物が使われてるというから驚きだ。

サイズとして盛り込める機能は限られるものの、
ホビーロボット・トイラジコンの分野の中でも
最高にクールな魅力を放っている。

Sphero社は元となる球体のみのホビーロボットとなる
Spheroを販売しているが、「頭」が乗っただけで
動かす際の「慎重さ」が出てくる不思議。

このギャップもまた面白い。

ただの球体だとガンガン動かせるが、
頭が乗ってると、まるでボクは生き物に感じてしまう。
動かすだけでも楽しく、上手く動けると更に楽しい。
単純に「動いている姿」を見てるだけでも楽しくなってくる。

極まれに反動で頭が吹っ飛んでしまった時は、
(黒ヒゲ危機一髪みたいになる)


Σ(゚Д゚ll)  (ぅわぁぁぁぁぁっ ! ※心の声)


その一瞬、自然と開いた口が塞がらない
何とも言えない衝撃が走ってしまう(笑)

バッテリーの交換は出来ない作りであるものの、
3時間のフル充電で1時間位動くという
ランタイムの長さも素晴らしい。

普通のホビーロボット、ラジコンから考えると、
一体どこを目指しているのか少し心配にもなる
ランタイムだが、それもまた異色で新鮮。
充分な程、動かして遊ぶ事が出来る。

・置いてよし
・飾ってよし
・眺めてよし
・動かしてもよし


久々にここまで完成度が高い製品に出会えた !
ボール型ロボットがウチに来たぜっ (≧▽≦)/

IMG_20170829_213520936.jpg


~動作について~

操作はスマートフォンのBluetoothで接続して行うが、
意外とスマートフォン自体の処理能力に左右される面がある。

長時間動かしていると、低スペックのスマートフォンでは
BB-8の動きが段々ゆっくりになってくる。
(初めのキビキビ感が無くなり、動作全てが遅くなる)

また、結構動かしているとスマートフォン本体の
処理熱がかなり発生するので、熱暴走し易い
モデルでの長時間使用は避けた方が良いかもしれない。

まるでBB-8が疲れて来た様に見えるので、
そんな風に見えたら、少し休ませてあげるイメージで
スマートフォン共に休ませてやれば問題無いですね☆


~メンテナンス~

動かして遊ぶと、ポリカーボネートの本体に
発生する静電気でゴミ(埃)がくっ付いて行きます。

頭部のローラー含めた接地面にも堆積するので、
遊んでいる最中でも定期的に取り除いてあげると、
本体のキズも付き難くなるし、頭部の追従性も良くなります。

砂とか入る家(ウチみたいな)では、
頭部固定のマグネットの関係で砂鉄を
拾ってしまうので、取り除く時は結構苦労するかも(汗)

砂系はめり込み易く、キズも付き易いので、
長くキレイな状態で遊ぶには小まめに
取り除いた方が良いですね (`・ω・´)

面倒ではあるものの、段々やってると
愛着が湧いてくる不思議付き (笑)




Amazon.co.jp
Sphero スター・ウォーズ エピソード7
BB-8 (ドライブ / ホログラム機能) R001ROW
OSMO Mobile
IMG_20170727_203317943.jpg

最近、DJI - OSMO Mobile を導入しました ! (・∀・)

何でまたこんなニッチなモノを・・・というと、

『自分が走ってる姿の確認が出来るんじゃないか ?』 と。

極まれに、レース会場で仲間に確認用の動画を
撮って貰ったりしているのですが、
普段は1人なんで、その時しか確認出来ないのです。。。

良かれと思って色々変えても、撮って貰って確認すると
イメージとかけ離れたフォームや走りになってたり。。。

室内ローラーで固定撮影しても、実走では違ったり。



実走してる姿を確認したい ! !



そんなボッチのリッチな悩みを解決すべく試験導入に踏み切った。

Yes. 我はボッチである ! (`・ω・´)

IMG_20170728_185235437.jpg

早速出掛けて撮影テスト。

カメラはスマートフォン、
その他に本体+分割式三脚だけで済む為、
普段のリュックにそのまま入り持ち運びはGood !

因みに、今回の悩みを一番解決出来るのは
自動追尾と並走追尾が出来るドローンだが、
各規制(法律)がある為、安易に使用出来るシーンが無く、
この様な事は日常的に出来ない現実がある。

単にカメラ置いて決まったフレームの中、
自分が通り過ぎる形で確認する手もあるが、
全体入れようとしたら、被写体が滅茶苦茶小さくなるし、
かといってUPのみにすると、殆ど一瞬の出来事になってしまう。

試行錯誤と、被写体のルートも綿密に決めたり、、、
ただ撮ってみたいだけなのに、欲しいモノを得るには
このタイプではやる事多過ぎて全く手軽では無い。。。(;´Д`)

IMG_20170811_085153.jpg

ビーコンやWi-Fi端末を元に追尾するモノも
世の中に少しばかりある (ソロショットとか) が、
ニッチ過ぎる分野なので世に回るのも遅く・・・

気付けば、かれこれ数年過ぎている・・・ (汗)


ひたすら待ってる中、ふと思ったのが、

DJIの『アクティブトラック』


アクティブトラックは画像認識による自動追尾機能だ。
DJIのPhantomやMavic pro等にも採用されてる。
(アクティブトラックはアプリ側の機能)

精度が何処までかは分からないが、
OSMO Mobileも同様に使用出来る為、
上手く機能させる事が出来れば、
スタビライザーの稼働範囲(パン・チルト動作角度内)で
被写体の自動追尾が行える事になる。

上述した例の「一瞬」では無く、
「ある程度の全体とUP状態を併せて撮れる」事が可能となれば、
今回の悩みをほぼクリアする事が出来る ! ! (・∀・)


さて、結果は・・・


17-08-11 place01
17-08-11 place02
17-08-11 place03
17-08-11 place04


追尾撮影成功 ! ! (。ゝω・)b


(blogに動画が貼れないので、動画からコマ抜き画像で)

android端末なので、追尾速度に制限出るものの、
ある程度条件を揃えてやればちゃんと追尾撮影してくれる。

流石に「常に被写体がセンター」なんてのは無理 (^-^;)

原理的に後手で追う形になるので、タイムラグで遅れてしまう。
(とは言え、この距離でこれだけ対応出来るのは素直に凄いと思う!)


自転車の様に移動速度が速いもので
センター撮りに近付けるなら、空撮の様に被写体から
大きく距離 (20m以上とか) を取って、
画像処理とモータ連動速度のバランスが合う状況を
作ってやれば実現出来るだろう。

この場合、被写体小さくなるので、今回望むような
目的からは大分離れてしまうのだけど・・・(^-^;)

今回の撮影テストでは、20km/h以下の速度下で
テストしてみたが、動画を見返してみると
カメラからの距離として、

・3m - 追尾フレームアウト頻発
・5m - 追尾ギリ
・10m - 追尾問題ナシ
・15m - 追尾安定
・20m - ほぼ被写体センター位置追尾

といった感じだった。

被写体までの距離と被写体自身の速度が
随分影響してくるが、歩行等の低速 (5km/h) なら
より安定して追尾出来るだろう。


ちょっと難かしかったのが、
アクティブトラックの範囲指定。

範囲指定(リクエスト)後、ソフト側が自動で
その中から範囲絞って範囲決定がされるので、
100%自分の指定した範囲とならない。

結果、被写体認識に差が出て追尾出来ない事があるので、
リクエストと決定範囲が上手く合っているか
しっかり調整した上で撮影した方が、
追尾認識精度も上がるようだ。


何はともあれ、定点型追尾撮影によって
念願の実走フォーム確認が出来る様になった ! !

イメージしてる形にしっかり作り変えて行くぞ ! ! (`・ω・´)

Dobby came !
IMG_20170724_112221401.jpg

例のU200gをクリアするコンパクトドローン、

・Zerotech - Dobby

Hover cameraが使えない場所を想定した
撮影機材の位置付けで導入。

IMG_20170724_142342947.jpg

早速実測した所、ウチの機体はバッテリー込みで約197g
バッチリ公称通り200g未満だ。

IMG_20170724_201036118.jpg

室内でのテスト飛行で性能を確認。

下部超音波センサ&カメラ にて、ホバリングを
補助する仕組みはHover cameraと同様。
(最近ではこの仕組みは主流ですね)

Dobbyの場合、屋外ではGPSも補助に加わるが、
GPSが捕捉出来ない室内では音波とカメラのみで
安定させる事になる。

ホバリングの精度については、
Hover cameraの方が上と言った所。
ちょっと不安定な所がある。

ただし、この重量とサイズを考えると、
とても良く出来た機体である事は間違いない。

ただ1点、不安な点がある。
実は今回テスト飛行を繰り返す中で、

・離陸後急に機体が流れる事が2件
・ホバリング中に突如機体が流れる事が1件
・移動→その場ホバにて突然上昇し天井張付き2件

と、不安定な挙動が発生した。

結果、室内にて2回墜落。。。(壁や物に接触)

離陸後の件については、今回「床面」から
離陸させていた事により、離陸時床面からの
風圧影響(反動)を各プロペラが多分に受け、
制御安定まで処理が間に合わなかった様だ。

→これは手の平からの離陸にてほぼ解消した

一度、こちらに向かって真っ直ぐに離陸した時は
Hover camera同様に即座に摘まんで対処してしまった。
(本来避けるべきだが、慣れってコワイ...)
摘まんだ機体はまるで怒ってるかの様に唸っていた。
(摘まんで動けなくなった事によりゲイン過多上昇指令)
こっちが何しとんじゃゴルァ ! ですよ。。。

問題は天井張り付き。

無操作状態の中、張り付いてもずっと上昇し続けていたし、
下降命令含めたコントローラの信号も届かなかった。
ジャンプして機体を摘まんで強制的に回収し、
機体電源を直接落とさなければ止まらなかった事から、
陥るとバッテリが尽きるまで続くと思われる。
(※注意 : 動いてるドローンを素手で回収するのは基本NGです。怪我するのでマネしちゃダメ !)

天井張り付きによる給排気バランスが総崩れした
影響でスパイラルに陥ってる事もあるが、
事前に高度が突然上がってしまった原因は、
詳しく洗い出しておく必要がある。

屋外で発生すれば、完全ロストになる事象で、
考えただけでもゾッとしてしまう (´;ω;`)

考えられるのは、
・電波干渉
・GPS捕捉プログラムの干渉
・下部超音波センサ&カメラの処理ミス

といった所か。
全てのマルチコプターに言われる
「絶対では無い」の所以である。

Dobbyは高度によってGPS主導か
下部センサ&カメラ主導か切替えているという話を見たので、
その切替えが上手く行かなかった、
または切替え用プログラムによる不具合かもしれない。

狭い室内では30cmも動けば大事に感じるが、
Dobbyは元よりGPSを加えた機体制御を前提としている為、
GPSが補足し辛い室内での使用は得意では無いとも言える。
(Hover cameraはGPSを使わない設計である為、逆に室内使用に特化)

屋外のGPSをしっかり捕捉した状態でどれだけ
挙動が安定するか、改めてテストする方が良いだろう。

サイズ、重量とその機能から、
経験を積んで使いこなせれば、
行く場所が分かってる中では最も日常的に
使用出来る撮影用小型マルチコプター。

検証項目は色々ありますが、
これからどう盛り込んで行くか楽しみです☆(`・ω・´)


-追記-

IMG_20170724_095936.jpg

 なんと、制御アプリの「Do.Fun」はHover cameraの
 制御アプリと共存が出来ない様だ ( ̄□ ̄;)

 調べてみても何もヒットしないので、
 ウチだけの問題かもしれないが、(共にAndroid版使用)
 Do.Funをインストールすると、Hover cameraの
 操作画面に入れなくなる。 (ロード中…のまま進む事が出来ない)
 
 Hover cameraの操作画面に通常通り入るには、
 Dobbyの制御アプリとなるDo.Funを端末から削除すれば入れる。
 
 再度Do.Funをインストールしても同じく入れなくなる事から、
 一緒の端末内で使い分けは出来そうにないので、
 DobbyとHover cameraを1つの端末で管理しようと
 考えている人は注意が必要かもしれない。
 
 解消されるまではそれぞれ別の端末で
 対応した方が良さそうだ (~-~;)



Amazon.co.jp
【国内正規代理店品】Zerotech ポケット セルフィードローン Dobby デラックス版 D100B-H
copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.