2017 全日本選手権
20246331_1262156663896727_3720081124667868885_n.jpg
Photo by Sano.

長野県富士見パノラマスキー場で開催された
MTB全日本選手権に参戦して来ました。


結果は 25位/80 (Finish, Top+14'22.95)


全く、自分の走りが出来ませんでした。
苦しい走りながらも応援頂き、有難う御座いました。




20258045_1262158013896592_10726332224671943_n.jpg
Photo by Sano.

前日の集中豪雨の関係で、
非常に微妙なコースコンディション。

スタート後、土路面に入った瞬間から違和感が出る。

コースの至る所でリズムが合わない。

パンプっぽい所では「 ? 」が頭に浮かんだままなのが、
写真からもそのまま読み取れる。

加速したいが、タイヤのトラクションが得られず、
ずっと空回りを強いられてしまう。

コーナーでは常に滑り続けている感覚だ。
何とか立て直せないか試してみるが、
周回を重ねる毎にパワーも落ちどんどん悪い状況に陥っている。

仲間からもゲキを貰い、加速する為の力を振り絞るも、
これも一瞬にしてスリップしてしまい、不発。

回して進む事はある程度出来るが、
踏んでしまうと途端にスリップして失速してしまい、
「為す術なし」となってしまった。
明らかに他選手より圧倒的に走行速度が出ていなかった。

走っている最中、自分でも速度差が有り過ぎると感じる位に・・・

20368726_1395705890510712_6790305894172408839_o.jpg
Photo by Shioda.

ゴールしたものの、苦笑いしか出ない。
余りに悪い走りとなった。

パワーが出せなくなった原因は考えられるものの、
今回最も重要だったのは、ペダリングスキルだと思う。

高回転維持は出来るが、高トルクを掛けて
トラクションを確保したまま回転を維持するスキルが
出来ていない。

今回みたいにツルツルした路面で練習出来れば
対策として最も良いが、現実的に無理なのが難しい所だ。

細かい事と言えば、
bikeのサスセッティングも詰めれていなかった気がする。
低速時の事を考慮しきれていなかった。
本当にダメな時は、リアをロックアウトして走つてみる事を
レース中に出来ないといけない。
(リモート型では無いのでどうしても躊躇してしまう)

何かしら対策を立てて、次戦に臨みたいと思います。

次戦は約2ヶ月後、
9/23(土) 新潟県妙高スキー場で開催される
CJ-1 妙高杉ノ原STAGE に参戦します。


本日のメニュー : RACE

Bike - GIANT Anthem AD 27.5
Tire - IRC STINGO XC 1.7気圧
2017 CJ1 田沢湖
20108457_1338786292907986_4377204378756370643_na.jpg
Photo by Suzuki.

秋田県田沢湖スキー場で開催された、
Coupe du Japon 田沢湖XCOに参戦してきました ! !


結果は 10位/44 (Finish. Top+9'28.79)


多くの応援、有難う御座いました ! !




1日開催がずれていれば大会中止も噂される程、
前日からの豪雨によってコース内はマッド。

ただし、一里野とよく似たコース気質から、
悩んだ末に今回はお約束のマッドタイヤでは無く、
MIBRO Marathon を選択して出走した。
(前日の試走でSTINGOでの状況は確認済み)

スタートは上手くすり抜けが成功したものの、
強引なラインであった為、先頭まで伸びず
1コーナー目は2番手パック辺りに。

垂れ始めからどれだけ我慢するかの所で、
カーブ中に石路面が崩れてバランスを崩し大失速。
(後続の皆さんごめんなさい。。。)

0速から立て直す形になってしまった為、
かなり抜かれて第1シングル区間に入る事になった。

20106582_1339351546184794_3774209206005187246_na.jpg
Photo by Suzuki.

最終的に5Lapの内、クラッシュ×1、
失敗による足付き×4、とかなりミスが目立った。

中でもシングル内は元から苦手なレイアウトで
速い他の選手と完全に差が付く状態で、
シングル外のセクションで追い付き→離されの繰り返しに。

完全な走行技術力の差だが、
あれだけ走る事が出来る様になれば、
今まで以上に速く走る事が出来る様になる。

今後上手く改善出来る様に取り入れて行きたい。

走っている中、改善が少し見受けられたのが、
平坦直線の速度が少しUPしていた事。

ある程度条件が揃えば、以前より速く走れる様だ。

今まで改善出来なかった点が初めて改善の兆候が
確認出来たのはかなり大きいです。

次戦は7/23(日) 長野県富士見パノラマスキー場にて
開催される全日本選手権です ! !

より良いパフォーマンスが発揮出来る様、
バッチリ調整してみせます ! !


・・・それにしても、上半身まるでデブってるだけの様な (汗)


本日のメニュー : RACE

Bike - GIANT Anthem AD 27.5
Tire - IRC Mibro marathon 1.7気圧
2017 CJ1 一里野
19025098_2143561362537276_8443336600535245332_oa.jpg
Photo by Sumpu.

石川県白山市で開催されたCJ1 一里野に参戦して来ました !

今回の一里野大会は、前日にXCTTが開催され、
そちらにも同時参戦。

XCTTは途中から雨が降り始める中行われたものの、
コース路面には大きな影響が出ない頃合に終結。

勝つ気満々で勝負しましたが、XCTT結果は4位

トップとの差は2秒程。
登坂での力の掛かりが弱かったのと、
最終コーナーで膨れてしまったのが敗因です。残念。

19092880_2143625129197566_3710593722732087745_oa.jpg
Photo by Sumpu.

翌日はメインレースとなるXCO。
スタートループ+フルコース6周で競われた。

0607course 2017 一里野コースレイアウト
<コースレイアウト 公式HPより引用>


結果は、12位/64 (Finish Top+6'44.28)


天候は晴れだが、前日の局地的な大雨に見舞われた関係で、
タイヤ選択に悩む。
芝生の登坂区間が殆どのコースレイアウトだが、
林の中のシングルトラックがマッドからどこまで
回復するか不明な状況であった為、
今回は自分の技量から安全を見てSTINGOにした。

19092862_2143622202531192_8706847913704417621_oa.jpg
Photo by Sumpu.

スタートループ後にレースの殆どをDECOJAの大渕選手と
パックを形成して前のパックを追う。

しかし、意たる所で軽く離されて焦る。実にスムーズだ。
完全な低速ハイグリップ区間と、抵抗が無い路面区間で
ようやく追い付いたり、先頭を引けたりと選択タイヤの
影響も出てしまっていたが、走りながらお互いの領分を
活かして前を追う走りが出来た。

レース後半はトラブルにより後退していた平林選手の姿が
見えた為、一時的にでも何とか喰らい付く事を
目的にした走りにシフト。

実力差は明白な分、どうしてもすぐに置いて行かれて
しまうが、レース中同じ瞬間を走る事で得られるものは
非常に大きく、かなりの収穫を得る事が出来た。

19055658_2143640185862727_6005639391199141768_oa.jpg
Photo by Sumpu.

最終周回は追い上げて来た大渕選手と互いに勝負。
登坂ピークにてスパートを掛け、引き離しに掛かったものの、
最終コーナーでスプリントに近い接戦まで縺れゴールとなった。

今回のレースを通じて、現状に対して取組んでいた項目を
レース中に確実に実践出来る状態になりました。
次のSTEPに移って、より良い走りを目指します ! !

18953055_2143640672529345_1557407548972273582_na.jpg
Photo by Sumpu.

多くの応援有難う御座いました ! !
次戦は、6/17,18に群馬県前橋にて開催される
Coupe du Japon XCC & XCE in 前橋 cj-2 に参戦します。

ご都合付く方は、応援宜しくお願いします☆


本日のメニュー : RACE (XCTT, XCO)

Bike - GIANT AnthemX AD 27.5
【XCTT】Tire - IRC MIBRO MARASON 27.5 1.7気圧
【XCO】Tire - IRC STINGO 27.5 1.8気圧
copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.