FC2ブログ
OCTOPATH TRAVELER クリア


Nintendo Switchでリリースされた
SQUARE ENIXの新作。


OCTOPATH TRAVELER


ようやく初期に選んだ4名パーティーのシナリオをクリア。

最近雨続きだったのもあり、一気に進行した。

パーティー分のシナリオクリアを終えての感想だが、
かなり楽しめるタイトルだった !


【戦闘】
ブレイブリーデフォルトシリーズからブレイブシステムを上手く組み込んだ。
ブレイブを上手く使って戦法に深みを出せるし、新たなBREAKシステムをどのタイミングに入れるか、どう狙うかも面白かった。
こちら側にはBRAKE等は無い為、ちょっと相手不利な気もするけど…(^-^;)
その分、状態異常はかなり痛手になっている??


【ストーリー】(まだ残りの4名あり)
それぞれにちゃんと特色が出ていて、一辺倒では無くそれぞれで楽しめた。
良い話だなぁ…もあれば、サッパリそれらしくもあり、ギャップもまたスパイスになっている。


【グラフィック】
Unreal Engine4を使ったドットスタイル表現の新機軸を作った!
真面目にコレは凄い。
素直にキレイだな…と感じたし、キャラクタの表現も良く考えられ、ドットの隠れた良さと言えるプレイヤ側の想像力もしっかり掻き立てられた。
ゲームではあるが、まるで御話を見ているかの様で、RPGの醍醐味にとてもマッチしていると感じた。

【ダンジョン】
ちょっと単調気味。背景グラフィックの兼ね合いもあり、隠し要素が少ないのが残念。
ストーリー後半に向けて長くはなるが、それに対して全般的に敵の種類とその組合せが少ないのが気になった。


【フィールド】
あちらこちら新しい所を探すのが楽しい。
進行具合によって今まで居なかった所に人が出現してたりする時もあり、新たな刺激を貰えたりする。
(人によっては面倒に感じるかもだが…)
ただ、道として行ける場所が限られているのがちょっと残念。


【個人的に欲しかった所】
△町・村・城など、部屋に宝箱があったりするが、勝手に開けて取っても何も無いのが…
心象システムがあるなら、それに掛かっても良いし、何かしらペナルティやアクションが欲しかった (´・ω・`)
ゲームの方向としては合わないかもしれないが、次回作にはちょっと期待したい。

△初期以外アイテムの使い道が少ない…
選択パーティーの影響かもしれないけど、道具屋の存在感が。。。

△戦闘で盗めるアイテムが…
盗んだ成果をもっと上げたい。やっぱりその達成感が極意であり、それを確認出来るのはその盗品だけだ !




今回8人の中から選んだのは、
・トレサ(主人公)→プリムロゼ→テリオン→アーフェン

なんだかんだ探索してたらLv.70へ (汗)

それぞれのジョブは、(さっきの順番で)
・学者→○○○→神官→剣士

プリムロゼは○○○を手にするまでは、薬士だった。
強敵戦闘スタイルは、薬士2名で毒戦法。
テリオンで盗んで相手物攻ダウン、トレサで属性攻撃、
間でプリムロゼの属性攻撃。

回復は単体薬士。全体は神官で対応。
SP回復はテリオンのマジックスティールダガーと
SPパサーで振り分け。
トレサは余裕があればひと休みで小回復。

大体自給自足循環型が主体となっている。
しかし、このせいで1度も宿屋に泊まっていない…(汗)
強制労働も良い所だし、宿屋の割引情報貰っても
ケチ臭く泊まらない為、宿屋の経営にも大打撃である。



それぞれの基本最終装備はこんな形に。

■テレサ
IMG_20180903_194115816_BURST001.jpg

■プリムロゼ
IMG_20180903_194131949_BURST001.jpg

■テリオン
IMG_20180903_194143979_BURST001.jpg

■アーフェン
IMG_20180903_194150505_BURST001.jpg

またも回避優先装備である (汗)
属性攻撃メインの相手に苦労するが、
よほどの相手で無い限りはこれで充分だった。

プリムロゼは属攻主体にした分、回避は狙えない為、アクセサリで防御補助に。

アーフェンは千本槍で状況打破を狙う事がある為、槍もあえて命中力と攻撃力のバランスが取れた物にしている。

ただ、気になるのは、
戦闘中武器変更で攻撃力は反映されているのが確実に分かるが、属性攻撃力の違いが全く見受けられかった事だ(汗)
武器に関係無く、防具とアクセサリで底上げを狙ったが、もしかして武器反映されない??
武器における属攻の意味が結局分からなかった…(汗)



今回はキャラ毎に固有スキルがある為、サブイベントも選択者によってまだ進行途中のものが残っている。
残りの4名のストーリーを進めながら、それらも楽しむにはもう少し時間が掛かりそうだ♪
夏のセールが半端無い
PS Vita、Nintendo switch、3DS、
夏のダウンロード版大セールが半端無い(汗)

そのうちやりたい候補がこぞって大セール… ! !

今まで無い位の値引き率でパッケージの中古価格も凌ぐものも見られる程。

掘り出し物主体のタイプを完全に仕留めに掛かっている。

はい、ワタクシ。

完全に積みゲー確定となりました (大汗)

たまに動向見てても1年後でもこんな価格になる事無いので、今が買い時 ! !
今回欲しいタイトルは例え積んでも熱意が色褪せる事は無いので、かなり楽しみだ♪
ゼルダの伝説 BoW クリア ! !



やってやった・・・ ! !


やってやったぞっ !!!!


正月からプレイし始めた
ゼルダの伝説 Breath of the wild (公式HP)

実はスタートと同時にこじれにこじらせてしまい
自分の中では今まで経験したことも無い
プレイスタイルで全てを進める事になっていた。

1つだけ心残りがあるが、残念ながら
「正常な仕様」で達成が出来なかった。
期待は膨らんだのだが、こればかりは仕方ない。
(※シナリオ等に全く関係なし)

IMG_20180224_105018010.jpg

クリア時の条件を軽くまとめると、

・ライフ = 初期値(3個)から全く増やさず
・がんばりゲージ = 初期値から全く増やさず
・初めの村の到達イベント未クリア(回避)
・メインストーリー未進行維持
・全マップ完結
・全神獣未解放
・大妖精全解放
・マスターソード未入手
・ガノン討伐成功



アホである。


大抵、敵から一撃喰らえばGameOverだ。

思えば、目覚めた時からベッドの周りを100周したり、
危ない人全開のジジイに危険を感じ、岩山を登り切り凍死したり。
(※かまって全開のジジイを全無視してたらジジイに怒られ不満)

トレジャーハンティングと旅行を兼ねて世界を2周以上し、
世界の謎を解き明かす事に明け暮れたり、
少しばかり問題児だった感じがあるが、
このままクリアするとは誰が想像しただろう。

体力回復は生のキノコとリンゴで充分なのも中々良い。
ガノンとの大戦で大量のキノコを食いまくってる姿は
まるである配管工を連想させる勢いだった。

分岐Endがあるのか分からないが、
世界一周直後、初めて挑んだ時には実力が及ばず、
その後再度世界のモンスター達と激戦を繰り広げ続けた経験で
リベンジを果たせたのは何とも感慨深い。

本来マスターソードが必要だったとかあるかもしれない。
いや、あれば多分楽なんだろう。

戦略・戦術・進行、どれを取っても、


この自由さの範囲は驚異的だ。


これだけ範囲が広いのに、バランスが崩壊しない。

自信を持ってオススメ出来る素晴らしい作品だ。


メインストーリーを全く進めてないので、
今回は感動的なシーンを全て破壊する事に成功してしまったが、
普通にプレイする人が絶対に味わえないドリフ感を得る事が出来た。
それでも全く悪い気がしないこのバランス。
これまで狙っていたものだとしたら、相当なモノだ (汗)

これからようやくメインストーリーを進めて楽しむ事が出来る。

恐らく、数点謎解き発生が出来なかった部分も
ストーリーを進める事で解禁されるかもしれない。
(発生場所は全てマーキング済み)

ボクの冒険はまだまだ続く・・・ ! !

copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.