悪夢
今朝の夢の話だ。

なんと !
どっかのWorld Cupのスタートに並んでる状態から始まった。
これは初めてだ ( ̄□ ̄;)スゲェ

しかし、やっとWorld Cupに出れたのに、
スタートが何故か4回もやり直しになって、
時間を置いて仕切りなおし・・・という話になった。

スタート合図が何故か大きな太鼓をドン ! と叩く。
その国の文化の一つで採用なのだとか・・・
なんだかよく分からん世界・・・ (汗)
やり直しが続いたのは、この太鼓の音が上手く出ず、
笛使ったり、ピストル使ったりを併用したから
皆が混乱して始まらなかった。
(実際ありえん話だが・・・)

しかもボクの位置は最前列でAbsalonの隣・・・
この時点で完全に夢の中だと自覚しているも、
夢だとしても今の全力でレースをする事に
変わりは無い。意識もハッキリしてる。

コースはセミマッドで全体的に固めの土質なので
踏み込んでもスリップしやすい上りが多い感じ。

完全にやる気満々で、夢の中なのに
カラダに力がちゃんと入って、現実同様に
bikeを進ませられる。願っても無い状態。

召集待ちで、少し離れた所で待機してたら、
知らない内にスタートカウントダウンが始まり、
召集場所に着いた頃にはもう全員出走し、
ボクは遅れたから出走不可だと言われる。

40秒程遅れたぐらいだから、今からでも走らせてくれ ! !
必死に交渉するもそれも却下。。。
英語で何か言われてるはずだけど、何を言っても
NO ! NO ! の一点張りだった。。。


結局、折角のチャンスはDNSとなり、
色んなものが込み上げて大泣きした。

昨日走れなかったから
こんな夢見るんだろうか・・・ ? (~-~;)

気持ちを切り替えて、各セクションの選手の走りを
見に行ったけど、考えられない斜度と長さの上りを
蛇行を上手く使いながら登っていく選手の姿で
唖然とさせられてしまった。

上り終わりは遥か彼方と言った感じで、霧掛かって
見えないぐらい。

唖然とさせられて、今の自分ではあんな上りは・・・
と諦めかけた所で我に帰った。
やる前から逃げててどうするんだ ?

次にスタートを切る時は、絶対・・・っ ! !

色んな気持ちがグチャグチャに混ざり合って
なんとも言えない感情と共に寝覚めとなりました・・・



今日は、乗るっ ! ! ! ! ! ! ! (゚Д゚メ)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.