PHILIPS sonicare Easy Clean.


「我が電動歯ブラシ生活はここから始まる・・・ ! 」

sonicare Easy Clean.
初回充電を終え、待ちに待った初使用です☆


全体の形状や大きさはこんな感じ。

Doltzとかと比べるとかなりデカイですが、
1つの機能のみのモデルなので、その分全体的に
スッキリしたデザインになってる気がします。

P1019155.jpg

ON/OFFボタンは、ゴムタイプのスイッチ。

因みに、最上位機種のダイヤモンドクリーンは、
持ち手材質と同じプラタイプのスイッチで、
見た目もスッキリしているのですが、
ボクは個人的にコッチの方が好みです。

P1019154.jpg

ブラシはスタンダードサイズが付属。

ブラシは独特のカット形状をしてます。
サイズは横幅は良いんだけど、縦が結構有り、
口が小さい方や、歯のRがきつめの方は
フィットが難しいかも。

ブラシはコンパクトサイズ(この半分のサイズ)も
別売りで販売されてるので、自分に合わせて
換えてみるのも良いかもしれない。
(sonicareは替えブラシが高いんだけど・・・)

本当はスタンダードの3/4 or 2/3位のサイズのものが
あれば丁度良い気もがするんだけど、
現時点ではスタンダードとコンパクトの2種のみです (汗)


さて、早速使ってみた感想。

とりあえず、いつも使っている歯磨き粉を使って
歯磨きをしてみた。
(※研磨剤が入っているので、極力少なめで使用)

電源をONにすると、2分間稼動して自動OFFになるが、
2分の歯磨きを終えると、歯の表面が非常に滑らかになる !


コレヨ。求めてたのは♪ (*´▽`*)


手磨きでこれやろうとしたら、2回以上歯磨きを
やる必要があるし、5分以上は当然掛かる。

イージースタート機能のまま使用してみたけど、
特に抵抗なり受ける事が無かった。

電動歯ブラシを初めて使う人向けの機能だけど、
次回から機能を切って、通常能力で使用しても
全く問題無さそうです。

素晴らしい。
求めてた通りの効果で満足です ! ! (・∀・)


しかし、使ってみて改めて感じた事がある。


【電動歯ブラシの使い方】
  磨く際は、通常の手磨きと違い、歯に軽く当てて
  ゆっくりとなぞる事になるが、この時の当り具合、
  当てる角度、そしてその位置が非常に重要となる。

  それらがちゃんと出来る様にならないと、普通に
  磨き残しとか出来てしまう事になるので、
  電動歯ブラシの効果をちゃんと発揮させるには、
  やはり相応の技術と経験が必要になってくる。


【歯間磨き】
  歯の「表面」は滑らかになるが、思っていたより
  歯と歯・歯と歯茎の隙間のサッパリ感が薄い。

  歯と歯の歯間は、フロスを使わないと無理だが、
  歯と歯茎の連なる隙間は、以前の手磨きの方が
  サッパリした感触があった為、隙間は別途隙間用の
  ブラシを使い、電動歯ブラシと併用する方が良いと
  感じた。


元々、通常と極細の2種類のブラシを使って磨いて
いたから、どうしても違和感を感じてしまうんだよね。

sonicareは液体流動力を使って隙間も掃除しては
いるのですが、物理的にブラシが入っているのとは
また別物。

採用されているブラシの径では隙間には完全に
入り込めないので、極細の手磨きブラシと併用して
歯磨きを行えば更にカバー出来る気がします。

後は「液体歯磨き剤」ですかね。

電動歯ブラシなので、研磨剤が入っていると、
歯を削り過ぎる事があります。

調べた所、通常の歯磨き粉ならあまり心配は
無い様ですが、特にステイン・ヤニ除去を
目的としているタイプはかなり研磨剤が入ってる
可能性があるので、電動歯ブラシとの併用は
注意が必要です。

液体歯磨きは、GUMやコンクール、
リステインとかがよく聞き代表格ですが、
液体歯磨き自体に研磨剤は入っていない為、
着色汚れを取る事はあまり出来ません。

液体歯磨きをメインとするなら、
着色汚れが付いてきたら、研磨剤入りを使用して
着色を落とす等、使い分けた方が安心かも。


初めての電動歯ブラシでしたが、効果はバッチリ。
今後の歯磨きが楽しみです☆


さて、ウチにはまだ液体歯磨き剤が無いので、
近い内に選定してみようと思います♪ (・∀・)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.