デジタル計量機


先日、話した「ウチに無いモノ」。
「デジタル計量機」が届いた♪

(高額品じゃないんで、精度はソコソコだけどね)

体重計はあるけど、小さい物量れなくて… (汗)


で、届いてまず量ったのが、


チューブ


S氏と色々話してたシロモノを比較した所、
なんと、ボクの感覚が間違っており、約7gの差が… (汗)

自分の感覚が当てにならなくなってきた。。。

S氏、ごめん ! ! (´・ω;`)

微々たるものかもしれないけど、
突き詰めるなら何とやら…です (~-~;)

間違った解答して申し訳無かった (´・ω・`)ゴメソ

さて、やっとある程度の量りが来たので、
やっぱり色々量りたくなるのが世の定め。

P1019441.jpg

定番ディスクロータ用ボルト。(左-ノーマル、右-チタン)

P1019443.jpg
ノーマルボルト

P1019444.jpg
チタンボルト

約半分の重さになる話に納得 (。-`ω´-)
前後をチタンにすると、12gの差か。

となると、次はディスク本体。

P1019446.jpg
Disc rotor 1 (used)

P1019440.jpg
Disc rotor 2 (used)

おおっ ! clean sweepの方が軽いっ ! ! ( ̄□ ̄;)
(3g程だけど)

ロータ自体はもう開口率の問題だから、
増やせば勿論軽くなるのは当たり前。
そして、増えればブレーキが効き難くなるのも必然。

ブレーキタッチと制動力・耐久力のバランスが
自分にとってどうか ? なんだろうな。

因みに、軽いものは他に幾らでもあるだろうけど、
今の所、安全圏から出るつもりはありません。
純正品内で楽しむレベルで。

ただ、不思議なモノで、目的によっては
純正品でも「高い」から良い。というのは
絶対では無かったりするので注意がいる。

自分が何を求めるかが重要。

しかしまぁ、考えてみれば、
○gの軽量化も目に見えて楽しいけど、
腕時計や心拍系サイコン、心拍ベルト外せば、
帳消し出来る位のレベルである。 (~-~;)

本気で軽量化を目指すなら、


坊主にボディペイントが

最強じゃないか ?



チマチマやって絶対量は確実に減るんだけどね☆

いや、なんかコレ楽しいなぁ (*´▽`*)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.