TIOGA Rear End Holder II プチ調整
前回の件でボクの使用条件では
ちょっと不安点があったエンドホルダー2。

遠征移動の為、試験的に使用してみた所、
まず、素晴らしい点に1つ出会う !

片持ち型と比べ、アクスルシャフトそのまま使えるので、
仮組みしてそのまま使用する形にしてしまえば

リアエンドセット作業が数秒で終わる ! !


時間にすると、輪行作業が5分短縮出来た。

縦型輪行袋使用だと、両輪外して各々調整する為、
最近ではどうしても15分程掛かっていた。

そこから、5分短縮。
10分で完了。これはかなりデカイ。

正直、感動した。

片持ち型のパーツ通しやネジ締め調整が
どれだけ時間喰っていたかが改めて分かる。

素晴らしいぞ ! エンドホルダー2 ! ! (≧▽≦)/


しかし、残念ながら良い事ばかりでは終われなかった・・・


IMG_20170706_193648583.jpg

そう。
結論から言うと、予想通りの問題に直面してしまったのだ。

▲固定出来ないプラプラだった台座

担ぎ上げ、駅のホームで地面に降ろす際、
台座が中でパタリと倒れ、台座位置を戻す事多々。

予想しているので、倒れない様にゆっくり降ろしたとしても、
かなりの頻度で起こってしまった (´・ω・`)

その都度、bikeを少し浮かせて袋の外側から
台座位置を手で戻して調整させる手間が・・・

(bikeのサイズや輪行袋自体の形状によっても
安定度に差は出来るとは思う)

置く度に気を使うのはかなり不便だ。

一番キツかったのは、

電車内で一度立てかけて置いた状態で、
電車そのものの揺れやカーブによる傾斜+Gで台座パタリ。

突然bikeが動いて倒れるので、相当恐ろしい事になった。
幸い人が少なく当たりはしなかったが、
長時間の乗車移動など、bikeから手が離せないのが実状。

一瞬顔真っ青になった (´;ω;`)

因みに満員電車とかで、他の人の足が台座にコツン。
という状況でも同じく倒れる事があるので注意が要る。

外的応力が発生し易い状況にはどうしても弱い様だ。


じゃあ結局ダメなのか ?

そう結論付けてしまうのも、まだ早い。

アクスルタイプの輪行において、
作業時間が大幅に短縮出来る点は凄いメリットだ。

コレを捨ててしまうのは勿体無さ過ぎる。

問題は1つ。
プラプラ動く台座」だけ。

ホルダー図1

簡単に①, ②, ③の独立したパーツから出来てる中、
②(台座部)がほぼ宙ぶらりんになってしまっているのが
そもそも動いてしまう原因。

③は外ネジみたいなもので、ハブ幅に対して
ねじ込み量を変えるだけで対応出来る面白い設計だが、
最後まで締めこんでも「A」だけ隙間が開いてしまう。

結果、アクスルシャフト入れて締めても①と③の
シャフトパーツ類には締める力は伝わるが、
②と③はAの隙間分フリーで互いに接触する事が無い為、
②に締め起因の力が一切伝わらない状態に。


そりゃ、動くよね (´・ω・`)


固定したいなら、「A」をなくしてやれば良い。

一番良いのは、エンド幅に合わせた一体型を作り、
締めこむ力=固定力とする方法かと思うけど、
色々大掛かりで現実味に欠ける点があるので、
まずは製品に手を加えない超簡素な方法から試してみよう。

IMG_20170706_192726981.jpg

ボクのbikeの場合、「A」は2.5mm。

面積上の摩擦量限界があるけど、
・ガッチガチに固定出来なくても、今より簡単にパタリと倒れなければ良い

その点で考えると、加工もし易い「ゴム板」で
スペーサを作っての実験を思い付く。
飛行機やバスに載せないのであれば、ほんの少し固定力が
改善されるだけで、十分なのかもしれない (`・ω・´)

板厚は3~5mmは必要か?

早速ゴム板を買いにホームセンターに行くと、
丁度良いサイズの水道用ゴムパッキンを発見。
(内径12.7mm 外径18.5mm 板厚4mm)

1袋2枚セットで\150程。うん、手軽。

加工成型済みな分割高だけど、カッターナイフのみで
仕上げられる限界を考えると、作成時間と見栄えの面でも
その価値は十分と言える。(面倒臭がり屋め)

IMG_20170706_193355808.jpg

ネジの内段径が16mmだったが、スペーサが
ゴム材である分、サイズ差は問題無くカバー出来そうだ。

これをセットにして、手締めにてスペーサを圧縮させながら
動きを妨げる摩擦力を発生させてみる。
(アクスル締めによる力はまだ伝えない方式で)

IMG_20170706_193848431.jpg

さっきの「A」部がゴムで埋まり、②と接触してブレーキ役に。
さて、これだけの調整でどれだけ変わるのか ? !

IMG_20170706_194345375.jpg

セットして早速確認。

うーん・・・やはりガッチリ固定には程遠いものの、
これだけでも随分動き難くはなった。

少なくとも、置いて「軽く押した程度」じゃ
倒れない位にLvUP♪ (。-`ω´-)

次回輪行時にどこまで耐えられるかテストしてみて、
更に固定が必要であれば次のStepに進みます☆


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.