FC2ブログ
小物製作2
18-09-01 Screw tool 01

昨日の続き。

描いたイラストに寸法を書き込んで、図面製作。
今回は「単純」が前提なので、簡単に出来上がる。

このままコレを出力…と行きたいが、
実際に相手側との形状が合うかちょっと不安なので、
事前確認で部分的に切り取ったものを出力 (汗)

IMG_20180901_143744250.jpg

形状確認だけなので、最速設定で出力。

IMG_20180901_145828360.jpg

ちょっと円のカクカク具合が気になる…設定?

実際、形状は特に問題無かったが、内径がピッタリ気味だったので、相手側の事を考えてちょっと広げる方向で図面修正。

よし、本番へ行こう !

18-09-01 Screw tool 01 body stl preview

stlに出力したファイルをSnapmaker3Dに入れ込む。

因みに、この時点で内外周の円が滑らかでは無くカクカクしているが、出力したら、これと同じカクカクに仕上がる。
(以前のパーツも円柱部は同じ状態だった)

Preview通りだが、3D CAD側なのか、スライサー側なのか、
それとも3Dプリント自体がそうなのか、設定が悪いだけなのか、
この問題がどこにあるのかはまだ分からない。

今の所、これでも機能を満たす物で済んでいるので、
大きな問題にはなってないが、
しっかりした精度の円柱が必要な場合は注意が必要だ。

18-09-01 Screw tool 01 stl preview

Snapmaker3D上で出力設定を決めたPreview画で、
サポートやラフトの状況、おかしな所が無いかを確認。

今回はサポートやラフトが不必要な構造にしている為、
特に問題ナシ。

18-09-01 Screw tool 01 stl preview infil

内部の密度構造(infill)はプレ設定で3段階ある内、最も密度がある設定にしてみた。
今回は力が少し掛かる仕様なので、簡単にバキッ…では困る (汗)

確認した感じでは全体を通して特に問題無さそうだ。

IMG_20180901_160144313.jpg

土台も特に問題無く進んでいるので、
用事を済ませに外出。

今回プリントに6時間21分掛かるらしいので… (汗)

今までの製作の中で最も大きい(質量としても)分、時間も結構掛かる。

screw tool f1

帰宅したら、丁度出来上がりそうな状況。
大きな問題も無く、順調に出力されている様だ。

IMG_20180902_101014477.jpg


出力完了 ! !


しかし、ちょっと気になった点が1つ。
中間辺りに全周に渡って1箇所段差の様なズレが出来ていた。
特に支障は無いものの、初めての経験の為、覚えておこう。

screw tool f

実際に使用してみた感じもOK ! !

仮止めまでちゃんと回せる♪

これで車上部に積載する際の作業が楽になりそうだ。


そういえば、出力中ノズルから極稀にプチパチ音がする時があった。
PLAフィラメントを開封して約2ヶ月(7/17開封)。
その間、思い立ったらすぐ製作出来る状況を最優先していたので、湿気対策や保管は度外視してセットしっ放しにしていた。

そろそろ吸湿影響が強くなりそうなので、今後の湿気と保管についての対処を考えておこう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.