GW忘年会
今日はGWの忘年会に行ってきました♪

カメラをわざわざ持っていったのに、
リュックに入れっぱなしで店に置いてきて
結局意味ナシなAHOやってましたが (~-~;)

富士チャレ出た事もあり、色んな人達ともまた
交流が深まってとても有意義な時間を過ごす事が出来た♪

正義と真実の人 ? ? KINE氏に感謝です (。ゝω・)b

50嵐さんとも色々お話する事ができて、
選手としての、今のボクの置かれている状況を
ハッキリと突きつけてくれて、
改めて、「今」やらなければいけない事を知りました。

現状の環境内で、どれだけの効果を引き出し、
それを結果に結びつけられるか。
当たり前の事を言っているだけだけど、

自分が目標を達成出来る%は練習をすれば増やして行ける。

だが、月日が流れる毎に達成出切る%は減って行くのも事実。

ボクのタイムリミットは決まっている。
それまでにトップを上回るトレーニングを積まなければ、
目標達成は有り得ない。

そうこう色々話している中で、
ちょっと不思議に思った事があった (・_・ )

自転車競技で、ROADは選手を総合的に見る
『監督』(トレーナー)が存在するけど、
MTBではそういう監督を見た事が無い。

本当はいるのかもしれないけど、
XCにおいて、レース会場でも見かけるのは
マッサーとメカニックぐらい。

どのチームを見ても、トレーニングプログラム、
アップやコンディショニングを組み立ててるような
監督らしい人を見かけない。

となると、殆ど選手自身がそれらを組み立て、
実行し、維持しているのでは ?

と、そんな疑問を持った (・_・ )

海外のチームを見た事が無いけど、
あっちでもそうなのだろうか ?

日本の自転車事情なだけ ?

一番近いというなら
国際アウトドア専門学校ぐらいじゃないだろうか ?


「実力あるトレーナー(監督)に会うこと」
それがとても大事な事を教えてもらった。
野球、水泳、陸上…と他の競技なら、
そういうトレーナーが存在する事はすぐに分かる。
けど、自転車というと… ? ? 
ボクはなんだか全然イメージが湧かない (´・ω・` )

これって結構大事なことなんじゃないだろうか ?

そんな事を考えながら、明日からの自分の練習方法を
もう一度組み立てつつシャカシャカ漕いで、
午前2時に帰宅です。(3時就寝)

皆さん今日は有り難う御座いました <(_ _)>


本日のメニュー : ROAD 42.5km×2

TE-3.1
Time-1:29'34
Hr ave-74%
Hr peak-90%
Energy-881kcal

TE-2.3
Time-1:49'29
Hr ave-63%
Hr peak-78%
Energy-869kcal

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.