Dobby came !
IMG_20170724_112221401.jpg

例のU200gをクリアするコンパクトドローン、

・Zerotech - Dobby

Hover cameraが使えない場所を想定した
撮影機材の位置付けで導入。

IMG_20170724_142342947.jpg

早速実測した所、ウチの機体はバッテリー込みで約197g
バッチリ公称通り200g未満だ。

IMG_20170724_201036118.jpg

室内でのテスト飛行で性能を確認。

下部超音波センサ&カメラ にて、ホバリングを
補助する仕組みはHover cameraと同様。
(最近ではこの仕組みは主流ですね)

Dobbyの場合、屋外ではGPSも補助に加わるが、
GPSが捕捉出来ない室内では音波とカメラのみで
安定させる事になる。

ホバリングの精度については、
Hover cameraの方が上と言った所。
ちょっと不安定な所がある。

ただし、この重量とサイズを考えると、
とても良く出来た機体である事は間違いない。

ただ1点、不安な点がある。
実は今回テスト飛行を繰り返す中で、

・離陸後急に機体が流れる事が2件
・ホバリング中に突如機体が流れる事が1件
・移動→その場ホバにて突然上昇し天井張付き2件

と、不安定な挙動が発生した。

結果、室内にて2回墜落。。。(壁や物に接触)

離陸後の件については、今回「床面」から
離陸させていた事により、離陸時床面からの
風圧影響(反動)を各プロペラが多分に受け、
制御安定まで処理が間に合わなかった様だ。

→これは手の平からの離陸にてほぼ解消した

一度、こちらに向かって真っ直ぐに離陸した時は
Hover camera同様に即座に摘まんで対処してしまった。
(本来避けるべきだが、慣れってコワイ...)
摘まんだ機体はまるで怒ってるかの様に唸っていた。
(摘まんで動けなくなった事によりゲイン過多上昇指令)
こっちが何しとんじゃゴルァ ! ですよ。。。

問題は天井張り付き。

無操作状態の中、張り付いてもずっと上昇し続けていたし、
下降命令含めたコントローラの信号も届かなかった。
ジャンプして機体を摘まんで強制的に回収し、
機体電源を直接落とさなければ止まらなかった事から、
陥るとバッテリが尽きるまで続くと思われる。
(※注意 : 動いてるドローンを素手で回収するのは基本NGです。怪我するのでマネしちゃダメ !)

天井張り付きによる給排気バランスが総崩れした
影響でスパイラルに陥ってる事もあるが、
事前に高度が突然上がってしまった原因は、
詳しく洗い出しておく必要がある。

屋外で発生すれば、完全ロストになる事象で、
考えただけでもゾッとしてしまう (´;ω;`)

考えられるのは、
・電波干渉
・GPS捕捉プログラムの干渉
・下部超音波センサ&カメラの処理ミス

といった所か。
全てのマルチコプターに言われる
「絶対では無い」の所以である。

Dobbyは高度によってGPS主導か
下部センサ&カメラ主導か切替えているという話を見たので、
その切替えが上手く行かなかった、
または切替え用プログラムによる不具合かもしれない。

狭い室内では30cmも動けば大事に感じるが、
Dobbyは元よりGPSを加えた機体制御を前提としている為、
GPSが補足し辛い室内での使用は得意では無いとも言える。
(Hover cameraはGPSを使わない設計である為、逆に室内使用に特化)

屋外のGPSをしっかり捕捉した状態でどれだけ
挙動が安定するか、改めてテストする方が良いだろう。

サイズ、重量とその機能から、
経験を積んで使いこなせれば、
行く場所が分かってる中では最も日常的に
使用出来る撮影用小型マルチコプター。

検証項目は色々ありますが、
これからどう盛り込んで行くか楽しみです☆(`・ω・´)


-追記-

IMG_20170724_095936.jpg

 なんと、制御アプリの「Do.Fun」はHover cameraの
 制御アプリと共存が出来ない様だ ( ̄□ ̄;)

 調べてみても何もヒットしないので、
 ウチだけの問題かもしれないが、(共にAndroid版使用)
 Do.Funをインストールすると、Hover cameraの
 操作画面に入れなくなる。 (ロード中…のまま進む事が出来ない)
 
 Hover cameraの操作画面に通常通り入るには、
 Dobbyの制御アプリとなるDo.Funを端末から削除すれば入れる。
 
 再度Do.Funをインストールしても同じく入れなくなる事から、
 一緒の端末内で使い分けは出来そうにないので、
 DobbyとHover cameraを1つの端末で管理しようと
 考えている人は注意が必要かもしれない。
 
 解消されるまではそれぞれ別の端末で
 対応した方が良さそうだ (~-~;)



Amazon.co.jp
【国内正規代理店品】Zerotech ポケット セルフィードローン Dobby デラックス版 D100B-H
BALMUDA Rain
140129_2023~01

BALMUDA Rain を買って来た !

加湿能力で言えば、気化+ヒータのハイブリッドを
検討するのが正解でしたが、
アジトで使用してる05Cを考えるとただの気化式でも
自分には充分事足りている事に気付いた。

それなら、今回は自分の欲しいと思った
『好きなモノ』を選べば良い。


140129_2022~01

早速組み立てて給水し、使用開始♪

電源を入れると、初回起動に例のメッセージが !

「この度はお買い上げありがとうござい…っ ! ! 」

・・・

やってしまった。

あまりの好奇心全快で、そのまま上ユニットを
分離してしまい、電源が切れてしまった (汗)

その後、どんなメッセージがあったのか、
もはや知る術は無い… (´;ω;`)もうしゃべってくれないの

どうも初回起動限定なんで、聞き逃し無き様に ! !

因みに、給水口ともなる有機EL含む中央の球体だが、
撥水し易くする為にシリコンラバーコートの様な
処理が施されており、こすったりするのは
やめておいた方が良さそうだ。

てっきりアクリル系かと思ってたので少し驚いた。
中々凝った事をしている。

140129_2148~01

それと、有機EL表示部は、よくある画像では
球体の中央に浮かび上がってる様になっているが、
決して球面の有機ELとかでは無い。

表示部はゲージ部、更新マーク部、数値部と
各々切り抜きされており、その下に設置してあるパネルを
表示させる構造となっている。
(中央の数値部は四角に切り抜き)

期待していた人は残念に思うかもしれないが、
当方使用に全く問題御座いません (。-`ω´-)

有機ELで黒の締まりが良い為、周りの球色との
違和感が無く近寄って見ないと殆ど気にならない。


140129_2257~01

さて、運転音の大きさだが、
エアコンと併用した場合はエアコン(強設定)の方が
音が大きいので、殆ど気にならない。

音の質としては、空洞間のある音(ボイラー音に近い ? )

風量は1~5までの5段階で、

・1 - 本当に動いてるのか疑う
・2 - 少し動いてるのが分かる (1と比べ安心する)
・3 - 動いてるのが実感出来る
・4 - 頑張ってる !

・5 - やり過ぎ…

感覚的に書くとこんな感じ。

140129_2253~01

最大風量の5に設定すると、
エアコンを凌ぐ音になる。

オートモードだと、急速に湿度を上げようと
最大風量で頑張ってしまう為、マニュアルモードで
好みの風量に設定し使用する方が
個人的には合っていた。

表示湿度は体感湿度と大きく異なる印象を受けるが、
この手の機器に付いている湿度計は元々参考値程度の
精度なので、大きな問題では無さそう。
(マニュアルで使うなら尚更)

基本構造を知った上で付き合えるなら、
加湿器として最大限に活かせられると思う♪

これでコッチも少し快適になるし、
これからの使用自体が楽しみです☆ (。ゝω・)b


- 追記 - 14-02-06
  エアコンと併用する為、加湿量はそこまで
  期待していなかったが、窓に結露が出来る位
  充分に役割を果たしており、かなり満足♪
  (逆にカビに気を付けなくては…)

  部屋のカラカラが無くなったので、随分快適に
  過ごせる様になった ! (`・ω・´)

  相変わらず、湿度表示はかなりプラス目 (^-^;)

  70%近くまで普通に上がるが、通常の気化式で
  そんなに上がるワケ無いって (~-~;)
  
  コッチに測定器無いから比較出来ないけど、
  体感的に実値から+15~20%位か ?

  rain cut
  断面イメージ画像 : 公式HP様より拝借
  
  下部吸気口から取り入れた直後の酵素フィルターに
  触れる前に測定されるなら、こんなに大きくならない
  気がするんだけど…

  送風ユニット内にセンサーを配置しているんだろうか ? 

  因みにRainは構造的に満水に近くなればなる程
  加湿能力が下がるので、水量はいつも2や3まで
  しか入れてない。

  給水サイクルはその分増えるけど、新しい水道水が
  入る頻度が増えるので、タンク内の清潔度は
  かなり良くなるメリットがある。

  メンテナンス上でちょっと気になってるのが、
  給水フィルター (~-~;)

  多くのメーカが採用するタイプのものだけど、
  水を含むとちょっとフニャるので、
  メンテナンス中にいつかグシャッ…とやって
  しまいそうです (;´Д`)

  大手メーカ製品では無いので、早めに
  交換フィルター類の予備を購入しておこう思う。

  しかし、この全体デザイン。

  いつ見ても最高です☆ (。-`ω´-)
  
  

  
fi'zi:k M1 Review.
P1019541.jpg

随分遅くなってしまったが、
fi'zi:k M1を使ってみたレビューを書いてみる。

『fi'zi:k M1 Euro fit』

■デザイン ★★★★★
■フィット感 ★★★★★
■ソール ★★★★☆
■通気性 ★★★☆☆

フィジーク初の自転車用シューズ。
その出来栄えは衝撃と感動を与えてくれた。

P1019546.jpg

まず、そのデザイン。
一言で言うなら、『スマート』 だろう。

P1019547.jpg

最近のレースシューズはどれも堅牢で
メカメカしいカッコ良い作りで統一されている中、
一瞬、本当にレースシューズ ? と思ってしまう
そのシックな外観は、流石イタリアメーカと感じる。

P1019557.jpg

足型はシダスを基準にして作っており、
フラッグシップモデルには
シダスのインソールが標準で採用されている。

シューズの型については、
欧米人向けの 『Euro-fit』(ユーロフィット)と
日本人向けの 『G-fit』(ジャポネーゼフィット)の
2種類の展開がされ、Euro-fitはつま先部が細く、
G-fitは広めに作っている。

今回はEuro fitしか手にする事が出来なかったが、
是非G-fitの履き心地も試してみたい !


~追記~
ロード向けRシリーズのみ2種類のフィット展開があり、
MTB向けMシリーズはEuro~G-fitの【中間の1種類のみ】の
展開になっているそうです。


P1019545a.jpg

このシューズの最も凄いと感じた所は、
その履き心地だ。

この履き心地に寄与しているのが、
斜めに配置されたストラップ位置。

通常のシューズだと、金具位置が直線状に
一列に並んでいるが、締める際に甲の骨が
丁度当たってしまう事が多い。

これにより、痛みが生じる事も多くあり、
その際にストラップを掛け直して誤魔化したり、
そのストレスを受けない様に元々わざと
緩めてフィット感を犠牲にしたりする必要がある。

小さなストレスだが、長時間のライディングとなると
その影響はかなりのストレスやロスになってしまう。

フィジークのシューズは留め金具位置が斜めに
配置されている為、甲骨の位置からずれる事が出来、
それらのトラブルを回避する作りになっている。

また、留め金具が付いてる部分は、
カンガルーレザーで出来ており、ストラップを
締め付けた時にも個々人の足に対して
ストレスフリーなフィット感を作り出す事に
成功している。

これは合成皮革では真似出来ない強みだろう。

尚、バックルに繋がる部分は、固定による
応力が一番掛かる為、ナイロン系で補強されており、
しっかりとした固定力を得る事が出来る。

P1019554.jpg

バックル自体は主体レバーがアルミ、
その他は樹脂を採用。

P1019560.jpg

バックルストラップは1枚のマジックテープ方式で
分割式となっており、長さも細かく調整可能だ。

P1019548a.jpg

ソールにおいては、主流であるカーボンを
ベースに使い、パターンをラバーで作成する二重方式。

P1019552a.jpg

クリート取付け部は樹脂を表面に置いている。

P1019551a.jpg

面白いのは、ベースソールごとシューズに沿って
独特のアールを描いている点。

P1019561.jpg

言わずもがな、コレも履き心地に影響しているのは勿論、
踏み心地にも一役買っている。

実は今使っているシューズより、M1はソール部が少し厚い。
薄くなればなる程、ダイレクト感が増し、
コントロールもし易くなるが、M1は目指している方向が
異なる印象を得た。

ダイレクトだと、勿論ソールに掛かる圧力は、
クリート部にどうしても集中し易いが、
M1はソール全体に力が掛かる様な形で、
まるで足裏全体でペダルを踏み進むかの印象を持った。

局所的に掛かるより、全体で押せる為、
伝えられる力が普段より大きい感じがする。

実際、随分ペダリングに慣れているつもりだったが、
今まで使えなかった足裏の筋肉をも使用する事が
出来たらしく、翌日足裏の筋肉痛になった程
まとまった力が出せた様だ。

最後にシューズの通気性。

P1019553.jpg

レザー側の通気については通気穴等は無い為、
ハッキリ言うと、「無い」。

P1019546.jpg

その為、通気性は反対側となるシューズ外側の
メッシュ部が主体となって行う形となる。

正直、メーカも悩んだポイントだったのでは ?
そう感じてしまう。

そう。レザー部に穴を空けると、『美しくない』のである。

「レーシーだが、ゴテゴテのレーシーでない。」

そんなデザインとしての方向性と遊び心を残しつつ、
このシューズは作られた気がする。

では通気性は殆ど無いのか、という話になるが、
実は今使っているシューズより、通気性がある (汗)

メッシュ部の通気は思った以上によく考えられており、
高速域になると反対側(レザー側)に回り込むかの様に
少し通気範囲が広がる為、無通気部をカバーする感じになる。

ややこしい話だが、

この部分は、元々使用しているシューズが全メッシュ等、
通気性確保に重点を置いている物と比較する場合、
好みが分かれる点になるだろう。


MTB用レースシューズとして、
最高の履き心地を生み出したフィジークのM1。
気になる細かい点は幾つかあるものの、
メーカ初のシューズとしての出来栄えは、
『素晴らしい』の一言。

今後のメーカの展開が楽しみです♪
copyright © 2005 SAGE'S STYLE all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.